肉体改造レシピ

肉体改造に効果的な食べ物

筋肉をつけて肉体改造する人が最近増えています。健康ブームやいつもでも若く見られたいと言う美意識が年々高まり、中高年の男性の方でトレーニングしている方も多く見られます。肉体改造を目的としたとき、トレーニングも大切ですが、それと同じくらいに食事も大切です。

 

人間の体は口から食べるものですべて出来ています。つまり、毎日何を食べるかによって、体に違いが現われてくるのです。肉体改造にはトレーニング方法と食事と両方から進めて行く事が大切であり、効果的なのです。

 

筋肉になる栄養素というと、タンパク質です。肉体改造を効果的に成果を上げるには、このタンパク質を意識して食べると効果的です。

 

タンパク質は肉類や魚類、大豆類、乳製品、卵に多く含まれています。

 

肉類では鶏のささみや鶏の胸肉が低カロリーで高たんぱく質の食べ物なので、肉体改造にはお勧めです。魚類ではしらすやイワシ、いくら、たらこ等にたくさんのタンパク質が含まれています。乳製品ではパルメザンチーズ、プロセスチーズなどチーズ類がお勧めです。この他、乾物には以外にもかなりのタンパク質が含まれており、かつおぶしやするめ、梅干し、ビーフジャーキー、高野豆腐などがそうです。

 

これらの食材はすべて、鶏のささみの倍以上のタンパク質が含まれています。タンパク質を多く含む食べ物は、運動後と寝る前に食べると肉体改造に効果的です。運動後は消費したエネルギーを補充する意味と疲労した筋肉を効率良く回復、修復する効果があります。

 

寝ている間には沢山の成長ホルモンが分泌し、この成長ホルモンは筋肉の成長を促します。この時に充分なタンパク質があると成長ホルモンの分泌を活発にし、筋肉の成長を強力にサポートするのです。

 

肉体改造にはタンパク質を多く含む食べものを、運動後と寝る前に食べると大変効果があります。

肉体改造を効率よく行う為の食事の注意点

ハードなトレーニングで肉体改造を実践している方は、食事にも注意する必要があります。

 

人間の体は口から食べるもので出来ています。いくら、ハードなトレーニングを行っても、十分な栄養素を補給、補充しなければ肉体改造どころか体を壊してしまいます。

 

肉体改造には、トレーニングと同時に食事にも注意が必要なのです。食事の回数、食事の摂り方、食事の内容、食事のタイミングに注意しなければいけません。

 

まず食事の回数ですが、1日3食以上を保ちます。

 

脂肪がつくからと食事の回数を減らすと逆効果です。人間の体は、栄養が不足するとまず筋肉組織から分解して行く為、脂肪が落ちる前に筋肉が落ちてしまうのです。

 

脂肪を落とすには、しっかりと筋肉をつけて脂肪を燃焼させる事が重要で、筋肉が落ちない様に食事の回数はしっかりと確保する必要があります。

 

食事の摂り方ですが、1日3食の食事の他にトレーニングする日は、4〜5回の間食をすると効果的です。間食にはエネルギーになりやすいバナナやタンパク質の多いチーズ等がお勧め。本格的に肉体改造している方は、プロテインドリンクなどの健康補助食品を利用する良いでしょう。

 

食事の内容は、野菜と肉類、魚類中心のバランスの摂れた食事を心がけます。
高たんぱく低カロリーの食品を多く摂取します。

 

食事のタイミングは、運動後と就寝前にタンパク質の多い食事を摂ると効果的です。運動後は栄養素を大量に消費する為、タンパク質を補充してあげないと筋肉の組織が分解されエネルギーとして消費されてしまうのです。

 

さらに、運動後にタンパク質の多い食事を食べると、疲労して傷ついた筋肉を素早く回復してくれるのです。

 

就寝中には成長ホルモンが大量に分泌されます。この成長ホルモンは筋肉の成長を促すもので、この時の十分なタンパク質があると効率よく筋肉が成長ホルモンによって成長するのです。